石達のパワーストーン辞典

天然石についてのデータベースです。

*

アベンチュリン:砂金水晶

d_aventurine

特徴

深い緑の中に細かい結晶がキラキラと輝く効果を「アベンチュレッセンス」と呼びます。一般的にアベンチュリンとして流通している石はこのアベンチュレッセンスが見られないタイプのものが多く、正式にはグリーンクォーツァイトという鉱物です。石達で使用しているアベンチュリンはフックサイトという鉱物のインクルージョン(内包物)によるアベンチュレッセンスがしっかりと入った石です。こちらはリアルアベンチュリン、またはヒマラヤアベンチュリンと呼ばれます。アベンチュリンはヒーリング(癒し)効果、ストレス解消、疲労回復、健康運アップの石です。

 鉱物学データ

通称 アベンチュリン
英名 aventurin
和名 砂金石(さきんせき)、インド翡翠(ひすい)
結晶系 六方晶系
化学成分 SiO2
モース硬度 7
産出地 インドなど

 

 - アベンチュリン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした